企業情報

トップページ 企業情報 開発史

開発史

初代 検体前処理搬送システム

社長 伊藤が、知人の血液検査会社から、検査の前処理の自動化について相談を受けたのが1980年代初頭。ゼロから開発し数年かけて完成させた試作機は、「精度が低すぎて使い物にならなかった」といいます。
数々の試行錯誤を経て、やがて1988年、島根医大に納品した製品が初代の検体前処理システム。搬入・開栓・ラベル発行・分注・搬出などの機能を備えた巨大なユニット群でした。以降、全国の大学・病院からの見学者が急増、血液検査の前処理を自動化することへの関心と二ーズが高まりました。
このシステムは、間もなく各部品を徹底的に見直すことで1/2サイズに小型化され、より使いやすいサイズ・デザインの『IDS-880』へと進化。現在も使い続けられているロングセラーとなりました。

現在国内販売している製品の情報はこちら

世界定番モデル Power Processor

『Power Processor』は、米国ベックマン・コールター社が代理店となって販売している世界標準モデル。米国だけで数百台の納品実績を持つベストセラー製品です。
マネージドケアの健康保険制度が浸透している米国では、初期検査の正確性とスピードが日本以上にシビアに求められます。そのため検査の自動化は必須であり、検査技師の安全面にも確実な裏付けが必要。24時間体制で膨大な処理を行っている検査センターも多く、処理量と耐久性に対するニーズが高度化しています。『Power Processor』は、これらのニーズに高い水準で応える検体前処置・搬送のスタンダードとして、米国、そして世界で愛用されるようになりました。
同様に、検体の前処理工程を独立させた『AutoMate』にもニーズが高く、小規模のラボやクリニックに広く浸透しています。

次世代の「オリジナル製品」へ

血液検査の前処理・搬送の分野においては他の追随を許さないIDS。しかし、その目は次のニーズ、次の市場を捉えています。現ラインナップではより省コスト・省スペースなシステムへと進化を目指しました。No.1であることに目的を置かず、常に次のオンリーワンとなり得る「オリジナル」を求めて成長を続ける姿勢に、揺るぎない理念が現れます。

次へ
戻る
このページの先頭へ