企業情報

トップページ 企業情報 沿革

沿革

沿革

マークをクリックして、当時のエピソードもご覧ください。

設立前史
まだ世界にない製品を~オリジナル製品主義のルーツ~

創業当初は某大手電機会社の下請けとして、ICのテストボードや製造工程の省力化機器を製造していた。当時、社長 伊藤は、自分で価格を決められないポジションにジレンマを感じ、下請けからの脱却を決意。そのためには自社開発のオリジナル製品が必須と考えていたところに、商社系血液検査センターから「医療検査の前処理の自動化」の相談を受けたことが、現在の検体前処理搬送システムの始点となっている。IDSのルーツともいえるこの経験が、「オリジナル製品主義」として現在に息づいている。

1987年
株式会社伊藤電気製作所より医療分野を独立分離し、株式会社伊藤電子を設立

独立前から手掛けていた試作第一号機は、「戦車ほども大きい機械」となり、実用レベルに到達するまでにはかなりの試行錯誤が続いた。正解のない技術への挑戦、資金不足、倒産の危機と問題が立ちはだかる中、一人の商社社長との出会いによる奇跡的な資金援助を得て、87年に新会社を設立。88年には島根医大に1号機を納品。これを機に全国の大学・病院からの見学者が急増し、やがて東大・京大・神戸大からのオファーを受けるようになっていった。

1988年
株式会社アイディエスと社名変更
1992年
コールター社(米国 マイアミ)と販売契約を締結

日本国内でのオファーが増えていく一方で、IDSは市場を海外にも拡大しようとしていた。当時血液分析器の分野では米国「コールター社」が世界No.1。伊藤は、その代表であり、血液中の赤血球・白血球の数を数える「コールターカウンター」の開発者でもあるウォーレス・コールター社長に直接自社製品をアピールし、自社の技術を「アメリカより10年進んでいる」と言わしめた。その後すぐ全米での販売契約を締結。コールター社の全面支援を受けて、オハイオ州立大学やペンシルバニア大学など米国の有名病院に自動搬送システムを納入することとなった。

第1工場増設
1994年
第2工場増設
資本金を4,000万円に増資
米国シアトルに「IDSアメリカ」設立
資本金を5,000万円に増資
厚生省医療用具製造許可取得
東京営業所開設
大阪事務所開設
2000年
IDS-2000発売
東京大学と搬送システムの受託研究契約
広島事務所開設
2002年
第3工場新設
2003年
「IDSアメリカ」米国シアトルよりロサンゼルスへ移転
2004年
ベックマンコールター社(米国 カリフォルニア)と販売契約更新
IDS-3000発売
第5工場新設
名古屋事務所開設
2005年
第6工場新設
2006年
第7工場新設
2008年
ISO13485取得
2011年
IDS-CLAS6000発売
第5工場増設
2012年
IDS-CLAS 3600、IDS-CLAS・Hr発売
2014年
第8工場新設
第10工場新設
ベックマン・コールター社(米国 カリフォルニア)と販売契約更新
IDS-CLAS・TLシリーズ発売
2015年
IDS-CLAS 2800発売
次へ
戻る
このページの先頭へ