製品情報

トップページ 製品情報 IDS-CLAS X-1シリーズ

新構造の検体搬送システム IDS-CLAS X-1シリーズ

フレキシブルなユニット構成とレイアウトが可能な、次世代の検体搬送システムです。

製品概要処理フロー

IDS-CLAS X-1

主な特徴

  • ユニットを自由に組み合わせることで、施設に最適な搬送システムを構築することが可能です。
  • 1本搬送方式を採用することで、無駄のないスピーディーな処理を実現します。
  • 施設の広さと形状にフィットしたレイアウトが可能です。床下搬送、天井搬送、スポット検体投入ポイントなど、特殊な条件にも対応できるユニットを豊富に取り揃えています。

基本仕様

採血管の種類 φ16×100mm、φ16×75mm、φ13×100mm、φ13×75mm より選択
分注容器 専用子検体容器
分注精度 CV 10%以内
分注数 最大9分注
分注処理速度 320~550検体/時(分注装置により決定)
バーコード種類 NW-7、ITF、CODE39、CODE128、JANより選択
外形寸法 ユニットの組み合わせにより決定
このページの先頭へ